今週の重賞;天皇賞(秋)追い切り考察-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

今週の重賞;天皇賞(秋)追い切り考察

※今週の重賞;天皇賞(秋)追い切り考察
今週末は菊花賞とは違う魅力的な面子でのGⅠレースが開催されますね。ローズキングダムにアクシオン、レッドディザイア、アーネストリーなどなど、出走したレースを盛り上げて来た馬ばかりが登録していて、どの馬が残るかからすでに楽しみです!このレースでさらに優駿が絞られるとなると、またその先のレースでどの馬が活躍するのか、さらに楽しみが続きます。さすが秋競馬。夏とは違った熱さがあります。
※前回の結果
前回の結果は3頭が1~3番人気、ワンツースリーフィニッシュというなんともカチカチのレースで、しかもあっさりオルフェーブルの圧勝劇。例外なく賛辞の嵐の完璧な末脚での2.5馬身差勝利でした。毎回ながら2頭の入着、3頭目を外しました。3番人気トーセンラーを抜いてしまったのが敗因TT秋華賞では1~3番人気でしっかり入れてたんですけどね。期待のルイーザシアターは12着と振るわず。ダノンマックイン、ゴットマスタング、ベルシャザールゴッドマスタング6着を最高に以下着外。悲しい話です。14オルフェーヴル-13ウインバリアシオンのワイドは的中しましたが、単勝1、2番人気なので当然の1番人気。。。回収は振るわずです。
※収支結果
カチカチのレースで外してしまったのは残念ですが、今回は距離に惑わされました。全馬未経験の距離ということで、前走からの変化を見ることが難しかったですね。カチカチの結果で終わってしまうのは悔しい限りです。人気馬1~3で三連単でも20倍でしたからね。なんとも。。。 という訳で三連単・保険ワイドで賭けた今回の収支は保険で的中の回収額(+1700円)と馬券代(-65000円)でマイナス63300円となってしまいました。。。よく考えたら1番人気のワイド保険って考える必要性ってあるんですかね?軍資金が半分を切りましたよ。。。
※今週の追い切り情報
気を取り直して今週の追切を見ときましょう。今回の注目馬はローズキングダムですね。圧倒的な走りで京都大賞典を制した馬ですからね。しかし単勝オッズ現在1番人気はブエナビスタです・・・。
ブエナビスタ
ブエナビスタ
今回は宝塚記念から約4カ月ぶりの実戦。中間は坂路とCWを併用して9月下旬から順調に乗り込まれてきた。馬体はやや太く映る。松田博師は「年齢が年齢だから立派に見えるのは仕方ない。でも、レースが近づくと自分で体をつくるタイプ。仕上がりに関しては何も心配ない」と、追われてからの反応は鋭く、まずまずの時計もマーク。27日の追い切りは開門直後のCWコースでラフォルジュルネと併せ馬。2馬身追走し、4コーナーで内から攻めるが、差はなかなか縮まらず、ラフォルジュルネがその差をキープしてそのまま先にゴール。最強女王が年下の牝馬相手に先着を許した。師は「もうひと絞りほしい体つきだったし、相手はケイ古駆けする馬だから仕方がない」と全く気にする様子はなかったが、このような追い切りは珍しく状態は万全とはいえないかもしれない。
ローズキングダム
26日に行われた最終追い切りでは、赤木騎手(レースはメンディザバル騎手)を背に、アーセナルゴールを3馬身追いかける形でスタート。残り3Fで馬体を合わせると、最後は余裕で1馬身半差をつけフィニッシュ。橋口師は「前走は斤量59キロが気になっていたが、まったく問題ない。間隔は詰まっているが、今日も時計が掛かる遅い時間で51秒台なら上々の内容。今回は相性の良い東京コースに変わるので、自信を持って送り出せます」と。
エイシンフラッシュ
26日の最終追い切りは鮫島騎手が跨り、栗東ウッドで併せ馬。6馬身ほど先行するゴッドエンブレムを目標に楽な手応えのまま鋭伸すると、直線入り口で内に潜り込む。鞍上からのゴーサインに重心を下げ反応し、僚馬に並ぶ間もなくパス。そこからは独走状態で、最後までしごかれ結局5馬身も突き放してゴールした。馬体の張りは一層増し、その闘争心も好印象。

※追い切り情報;まとめ

今回の追い切りからはひとつ重要なポイントが。ブエナビスタの調子がそこまで良くないみたいですね。と言ってもブエナビスタの特長のようで、稽古駆けしないタイプのようなので、一概には言えないんですが、そこはそれ、追い切りの内容を吟味して考えたいと思います。ローズキングダムは追い切りでは期待できるないようで仕上がっているんですが、枠順が大外な場合にその不利を振り払えるだけの脚質とメンバーかというと、難しい所なんですよね。枠順確定まで判断保留です。エイシンフラッシュはいい仕上がりであることは明らかで、馬には連対の期待は十分持てます。問題は騎手ですね。今のところ鞍上がまだ決まっていないようなので少々不安が残りますが、この馬も今のところ上位入着は確実だと思っています。馬券に絡むまで行くかはまだ未知数ですが。。。

今回は馬の能力がかなり均衡しているので難しいレースです。各馬2000mはよく走っている距離なので、着差もかなり紙一重になるんじゃないかと思っています。

1 Comment to "今週の重賞;天皇賞(秋)追い切り考察"

  1. ども~ wrote:

    結構見させてもらってます。Q&Aサイトの口コミでここにたどり着いたんですが、
    マジで毎回2頭は入れれてますな。惜しいじゃないですか!
    これからも頑張ってくださいb
    応援しとります。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。