今週の重賞;セントライト記念追い切り考察-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

今週の重賞;セントライト記念追い切り考察

サダムパテック
※セントライト記念追い切り考察
秋競馬に向けてスタートがかかってきました。今週末は3日開催のスペシャルウィークエンドです。そして注目のレースは何より、菊花賞に続くセントライト記念:GⅡグレードレースですね。競馬を継続的に見る楽しみっていうのはこういった高いグレードに向かう馬を応援できるというのも一つですよね。
※前回の結果
今回も外してしまいました。エーシンヴァーゴウ、ダッシャーゴーゴーは人気通りの堅い入着になったんですが、グリーンバーディの不測の自体に涙を飲みました。トウカイミステリーもその影響を受けたとのことで、無念です。終わってみれば1~3番人気の馬を予想に入れていたというのはなんとも当たり前な予想のようにも思えます。しかし、堅いレース結果というのはしっかりと予測できていたのではないかと思っています。3着内馬の3頭中2頭までは予想できているので、後1頭、この壁がなかなか高いハードルなんですが、頑張って的中できるよう予想していきたい思いです。
※収支結果
三連単1本で狙っていたため、ラッキーナインの入着を予想できずに、回収はゼロでした。。。なんとも無念な結果です。毎回あと一歩のところで落ちてしまうのが残念ですね。。。ワイドも買っておくべきでしょうか。。。でもワイド1番人気でしたので配当もそれなりの額。。。
※今週の追い切り情報
では今週末の大きなレースでもう一回当てて元を取りたいと思います。幸い軍資金はまだまだありますから… (エコな使い方なのが幸いしました。。。)
追い切り情報からこれはと思う馬を選んでいきます。今回は登録している頭数が普段より多いのでなかなか迷ってしましますが、それでも光っている馬はいますね。入着できそうな馬をバッチリ選んでおきましょう。
サダムパテック
春の疲れを癒すため、夏場は休養に充てたサダムパテックだが、先月に帰厩し、セントライト記念への調整を開始。最終追い切りとなる14日には、パートナーである岩田騎手を背に坂路で抜群の動きを披露。管理する西園師が「推定で12秒前半は出ていたんじゃないか」というように、最後までキレのある動きだった。本番はもう少し先だが、かなりいい形で調整がつく内容になりそうだ。
トーセンラー
大逃げのリキサンマックスをゴール前捉えきったきさらぎ賞での末脚が圧巻だった。夏の休養で線の細さが解消され、体はしっかりしてきた印象。動きには瞬発力が見られ、脚捌きは軽快そのもの。8日は栗東ウッドで併せ馬。直線で相手を捉え仕掛けられると、機敏な反応から鋭く伸びて差し切り、2馬身差をつけての先着ゴールイン。常にケイ古駆けするタイプではあるが、それを差し引いても気配は万全に整っている。
ベルシャザ-ル
皐月賞こそ崩れたが、それ以外では堅実に上位に食い込む走り。ラスト1冠獲りへ、ここで弾みをつけたい。帰厩して日が浅いが放牧先でも相当乗り込まれていたようで、無駄肉はなくスリムな体つきが印象的。今朝(14日)の最終リハは、坂路で1本流してから併せ馬を敢行。セーブ気味のメニューでこの日も安藤勝騎手が感触を確かめた。パートナーと脚並みを揃えながらも、終始楽な手応えのまま併走。最後は余力たっぷりにゴールインし、同入でこの日のケイ古を終えた。

※追い切り情報;まとめ

やはりこの3頭は期待できますね。特にサダムパテックは文句なく入着する人気馬になるでしょう。今回は軸としてこの3頭は堅いと表地ます。しかし、入着するのはこのうち1頭で、残りは大穴もしくは注意馬あたりが占めるんじゃないかと睨んでいます。今回はかなりの波乱のレースになると予想していますよ。今回も前回に引き続き、大きく掛けたいと思っています。

菊花賞に向かうレース、オルフェーブルの走りが非常に楽しみなので、このレースで良い対抗馬が勝ってくれると熱いレースになると思うんですけどね。。。競馬はやっぱりいいですね。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。