クイーンステークス本予想-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

クイーンステークス本予想

※クイーンステークスの本気予想

土曜は用事があるということで、先に予想内容を掲載しておきます。さて、前回も書いたように、JRAの見解、過去レースの展開模様を見ていきましょう。おっと、その前に出走馬確定情報を確認しておきましょう。今回は14頭立てのレースになりましたね。昨日までの登録情報から外れた馬は・・・
ギンザボナンザ、デリキットピース、
モエレエターナル、レジェンドブルー

の4頭ですね。ギンザボナンザは個人的に少し期待していた馬なので残念です。

では出走表です。
2011814-クイーンステークス出走表

このメンツの中で騎手としては
蛯名、田中勝、藤田、福永、横山典、岩田、丹内
やはり重賞だけあって優秀な成績の騎手が揃っています。更にはクイーンステークスなので気合を入れている陣営も多いのかもしれませんね。騎手だけでも7/14で半分が期待できてしまいます。それでは次にJRAの見解を見ていきましょう。

JRAの見解では
「1番人気馬は危険」「内枠の連対率が高い」「中3週以上の休養を取った馬が強い」
「前走で先行していた馬、差しを狙った馬が優勢」

という4つの見解を出しています。たしかに今回の出走馬は、休養期間を取った後の馬が多いことがわかりますね。
長期休養をとっているのは・・・
レディアルバローザ、ブライティアパルス、カウアイレーン、
ショウリュウムーン、サンテミリオン、サンテミリオン、コスモネモシン

と、7/14の半分が3ヶ月以上の休養をとっていることがわかります。最長はサンテミリオンの9ヶ月。中3週は約1ヶ月、JRAでは中9週以上の馬が好走しているとの見解で、つまりは2~3ヶ月の空きということです。
この条件を考慮すると、アスカトップレディ、デルマドゥルガーは好走する可能性がありそうですね。。。

次に過去のクイーンステークスの展開模様の考察です。この重賞ではパターンが分岐しなかったですね。過去5年とも、
「第4コーナーから内枠馬が逃げに出て、それを差しに後ろから馬群が迫ってくるというパターン。逃げに出た馬は例外なく1着。」
という展開で、問題はそれ以下の2着、3着馬。差されてしまう馬もいれば、ギリギリで2着を死守する馬もいます。3着はハナ差レベルでの着順決定なので本当に微妙なレース模様です。今回このパターンになるとすれば、入賞が期待されるのは・・・
第4コーナーで内枠から伸びることの出来る馬、ラスト1ハロンで末脚に自信のある馬
という選択になりそうです。

というわけで3つの条件をまとめると、
「内枠で十分な休養をとっている、逃げ・差しの勝ちを出きる騎手で、末脚の強い逃げ・差しのできる馬、出来れば1番人気は避ける」
という内容になります。この条件で馬を選択したいと思います。

選択する馬は・・・
4-5アスカトップレディ、4-6ブロードストリート、
3-4アニメイトバイオ、7-12サンテミリオン、2-2デルマドゥルガー
の5頭です。

逃げの期待は
サンテミリオン、アスカトップレディです。

追込みの期待は
ブロードストリート、アニメイトバイオ、デルマドゥルガーです。

アスカトップレディについては追込みにも期待が持てるため、どちらの場合でも行ける馬と考えています。というわけで買い目は以下。

5、12軸の5、6、4、2相手として3連単を、5頭で3連複
を選択したいと思います。応援馬券もついでに、5、12で購入しておきたいと思います。購入金額についてはパドックを見ての判断で。それではいい競馬ライフを~。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。