今週の重賞;菊花賞追い切り考察-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

今週の重賞;菊花賞追い切り考察

※今週の重賞;菊花賞追い切り考察
GⅠレース開催されますね。オルフェーブルの三冠がかかった菊花賞!なかなか熱い内容のレースになることまちがいなしです!今のところ23頭の登録ですね。ここからどの馬が出走することになるのかとても楽しみですね!
※前回の結果
前回の結果は・・・またもや的中は2頭だけ。しかも結局人気馬3頭を予想に加えていただけであまり見栄えのする予想内容にはなりませんでした。ホエールキャプチャの連対は読めてはいたんですが、キョウワジャンヌががまさかの2着入りとは。。。アヴェンチュラの選択は良かったにしろ、デルマドゥルガーが届かず6着で三連単も三連複も予想敗退でした。ワイド馬券での保険で賭けとけばなぁ・・・っていっても1.7倍の圧倒的人気馬券…今回は惜敗でした。。。
※収支結果
カルマートを外してのデルマドゥルガーの選択が良かっただけに悔しいですっ!マルセリーナ、ピュアブリーゼにいたっては活躍はあまり見れなかったですね。キョウワジャンヌ連対は予想だにしていませんでした・・・芝2000mの距離感の把握の足りなさが敗因かと思っていますが、ここへんが競馬の難しいところですね。「キョウワジャンヌはスプリンター」とういう先入観があったのかも知れません。 という訳で三連単・保険三連複で賭けた今回の収支はマイナス馬券代(58000円)となってしまいました。。。軍資金は大分減っています。。。イタタタタタ・・・
※今週の追い切り情報
今週の追切を見ときましょう。やっぱり注目はオルフェーブルですね。圧倒的な走りでまた2馬身差くらいつけてくれるんでしょうか??3冠達成なるか!?期待が寄せられます!
オルフェーヴル
オルフェーヴル
19日の最終追い切りは、池添騎手が騎乗して坂路で併せ馬を敢行し、4F51秒2-1F12秒3の好タイムをマーク。古馬準オープン馬に楽々先着した。池添騎手は「折り合いもしっかりついたし、終いの伸びも良かった。ひと夏越して後ろ脚がたくましくなった。今回は、相手よりも自分との戦い。うまく折り合えれば三冠を獲れる馬。」と。池江師は「他馬は必死に挑んでくるだろうし、菊花賞後のことは考えず、こっちも必死に調整してきた。神戸新聞杯の内容も満点。」と、手応えを感じているようだ。
ウインバリアシオン
1週前にCWで7F83秒6-1F12秒1をマーク。直線だけ追われる形だったが、反応は鋭く、併せた僚馬を突き放した。そして、19日の最終追い切りは安藤勝騎手が騎乗してCWで3頭併せ。道中は6馬身ほど僚馬を追走し、徐々に差を詰めて直線で追い出されると、力強い脚さばきで抜け出し最終的に2馬身先着した。この動きを見た中山助手も「今は爪の不安もなく一番良い状態」と。
サダムパテック
19日の最終追い切りは、栗東の坂路で単走。1週前に強い調教を実施したこともあって、この日は一杯に追われなかったが、ラストは鋭い伸び脚をみせて4F52秒0-3F38秒0-1F12秒5(強め)をマーク。状態の良さをうかがわせた。「一度使ったことで雰囲気がすごく良くなった。今の気配なら距離もこなせるだろう。ただ雨で力を出しきれなかったダービーを振り返ると、理想は良馬場。晴れてほしいね」と西園師。

※追い切り情報;まとめ

ベタな選択ですが、この3頭は人気上位で堅いでしょう、ということで、ピックしました。オルフェーヴルとの対決で背中を見せられてきたこの2頭が3000mで華咲くか、それとも力の差を見せつけられてしまうのかって感じなんですが、ここでサダムパテックは長距離適正じゃないのと、追い切りの軽さが少々気になってしまうところです。今回はサダムパテックはこのレースを主眼には置いていない可能性もありますね。。。

ここでサダムパテックの代わりに選択肢に入ってくるのがルイーザシアターです。正直大穴の馬なんですが、内枠という点と長距離適性の逃げ馬という点で期待が持てます。しかしながら問題は鞍上…乗り替わりでどのくらい影響が出るかが未知数なのが懸念どころです。。。

3000mというどの馬も未経験の距離です。京都大賞典の時同様未知数の要因が大きく立ちはだかっていて、予想は困難ですね。こんな時は穴予想…ですかね~??

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。