アイビスサマーダッシュ レース回顧-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

アイビスサマーダッシュ レース回顧

アイビスサマーダッシュ、終りました、燃え尽きました。予想に反しすぎて全くの大外れを期しました。なんてことでしょう。今回の敗因は・・・予想がつかいないですね。全くの見当違いの馬の入賞ですしね。当たってたのはエーブダッチマンの2着だけ。悲しいですな。

競馬予想駆け出しはこんなもんなんでしょうけど、レースの回顧をして次の的中に繋げられるよう、ジタバタしたいと思います。今回のレース、直線1000m、スプリンターと言われる馬の有利な場面でした。JRAのレース映像を見ながら色々と考えてみましょうか・・・。

今回のレース結果、

  • 1着 エシンヴァーゴウ
  • 2着 エーブダッチマン
  • 3着 アポロフェニックス

まずは迫力のあるカメラワーク・・・ではなくてスタートですね。スタート時に飛び出したエーシンヴァーゴウがそのままは逃げきる形になったんですが、最初の方では馬群が前後2つに分かれて前の方はほぼ1直線に並んでで走ってました。そっからだんだんと引き離されていく形でエーシンヴァーゴウの逃げ切りになるんですが、その末脚の伸びること。1馬身程度の差がついていましたね。アイビスSDの伝統?のとおり牝馬が制しました。

エーブダッチマンの2着までは人気順で行けば妥当でしたが、アポロフェニックスの頑張りは予想外でした。となにせ11番人気の馬ですからね。と言ってもエーブダッチマンも5番人気ですから、波瀾のレース展開といったところなのでしょう。エーブダッチマンはスタートから一定ペースでポジションを守っていた感じでしたね。アポロフェニックスは上手く手前2頭の後ろでコース取りができた印象でした。

今回のアポロフェニックスの走りが展開による勝利ってやつなんでしょうか。勝ち時計も日本レコードに迫る勢いだったようで、エーシンヴァーゴウ以外の馬にとってはかなりのハイペースだったことが伺えます。どう予想すべきだったかって言うのはほんとうに難しい結論ですね。今はまだ無理そうです。

他の方の回顧録を見ていると、ハロンごとのラップや、血統、前走からの馬のレース感覚などなど、ベテランの視点で記載しているものも見られて・・・
まだまだだなーーーー
と反省してしまうのでした。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。