ヴィクトリアマイルを終えて…-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

ヴィクトリアマイルを終えて…

ヴィルシーナのG1勝利ということで盛り上がっていましたが、その影で競馬生命を終えた馬が2頭いますので追悼の意味を込めて2頭のことを書きたいと思います。

まずは、フミノイマージン。7枠15番でスタートし、後方でがんばっていましたが、最後の直線入り口で集団からはずれました。
右第1指関節脱臼を発症しており、予後不良となりました。
馬の前足は胴に繋がる上腕・肘・前腕・腕節・管・球節から前に曲がって、繋(ツナギ)・蹄冠・蹄という名称がついており、第1指関節は繋の部分の骨のことです。その部分が脱臼したということです。
馬の脚骨

「骨折ではなく、脱臼で予後不良に?」と思う人もいるかもしれませんが、馬は4本脚の内1脚でもまともに立てなくなると他の3脚に負担がかかり、蹄葉炎(蹄の内部が血行障害により壊死してしまう病気)になってしまう恐れがあります。
「ガラスの脚」と形容されるほど脆いサラブレッドの足に、なんせ静止して立っている状態でも足1本あたり100キログラム以上の負荷が掛かっているわけですから、走るという行為が馬にとってどれだけ負担かということが分かると思います。

フミノイマージン

札幌記念では力強いフットワークでまくって、優勝しました!
通算31戦8勝。重賞は11年福島牝馬S、マーメイドS、愛知杯、12年札幌記念の4勝という記録を残しています。
首を上下に振って歩くところが鳩っぽいと「ぽっぽ」という愛称で呼ばれて親しまれていた馬でした。
ご冥福をお祈り致します。
もう一頭はヴィクトリアマイルでも有力候補だったサウンドオブハート
レース後、左前浅屈腱不全断裂で競走能力喪失となり、引退が決まりました。
左前浅屈腱不全断裂とは屈腱炎の1種で左前足が外側の腱が切れている状態のようです。
屈腱炎についてはこちらの記事に書いていますので、気になった方は御覧ください。⇒皐月賞出走馬が相次いで故障…
まだ3歳で10戦6勝と強い馬だっただけに残念でなりません。
これからは青森のタイヘイ牧場で繁殖生活に入るとのことで、ゆっくり過ごして元気な赤ちゃんを産んで欲しいですね。
サウンドオブハート

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。