2012年、新潟2歳Sの攻略-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

2012年、新潟2歳Sの攻略

2012年、新潟2歳S見どころ
先週の札幌記念の結果はいかがだったでしょうか???
1着:フミノイマージン、2着:ダークシャドウ、3着:ヒルノダムールという結果になり、3連単10,590円という、ちょっと固めの決着となってしまいましたね。。 管理人も買いすぎた感があり、ちょっと反省しておりますです・・・。 競馬予想にタラレバは不要という事で、今週の新潟2歳Sの分析をしていきたいと思います。 過去10年から見た特徴はというと、
新馬戦勝ち⇒当該レースへの参戦という馬が連対しやすい
一番人気に支持された馬は、あまり期待は出来ない
ヘイロー系・ロベルト系の馬が馬券に絡みやすい
差し・追い込み馬が中心となる
といったところでしょうか。
管理人が参考にしている文献のどれを見ても、2歳Sという名前が付いた重賞・OP特別に関しては、キャリアが浅い馬が優勢であるといった内容の傾向があるみたいですが、今回はその内容も頭に入れておきたいと思います。
※JRA見解
自分で色々と調べた傾向も良いかと思いますが、とりあえず新潟2歳S情報・JRA見解を参照です!
今回の注目は以下の2点です。
注目すべきは前走「1400~1600m」組が中心の部分!
過去の前走に関する傾向などを色々見ていると、前走が芝1600mだった馬がどちらかというと馬券に絡む確率が多いみたいですね。
重賞によっては、距離短縮組が有利になるといったケースもあるのですが、今回は、前走が芝1400m~1600mだった馬が優勢であるといった内容を信じてみたいと思います。
続いて、デビュー時期にも要注目!の部分!
競走馬にも、早生まれ・遅生まれといったものがあるのですが、細かく見ていくと、「7月20日以前に芝1400m以下のレースでデビューし、そのレースで2着以内に入っていた」馬が連対しやすいといった内容でした。
分かろうとすればする程、逆に分からなくなってくるといったものがあるんですけどね・・・。
念のために、上記の注意すべき点をまとめておきます。

■前走「1400~1600m」組が中心
■デビュー時期にも要注目!

新潟2歳S

※展開
2歳重賞に関してはあまり参考文献が無いというか、そういった感じである為、コース形態から見た特徴をまとめておきます。
新潟芝1600m(外)となっており、最後の直線に関しては、東京競馬場よりも長いので、逃げ馬が逃げ切りVを果たすという事は到底考えにくいと見ています。
簡単に言えば、基本は差し・追い込み馬が中心であるという認識で良いのではないかと思います。
先行馬の勝ち鞍数は、差し・追い込み勢には負けているのですが連対率で言うとそこそこ良いようなので、軸ではなく相手に入れておくのがベストであると見ています。
※買い目選択
今回はこの6頭で三連複でいきます。今回は波乱の予感、夏競馬。前週からの波乱が続けばと思っていますが、どうでしょうか??本命はもちろんスマイルジャックとします。

買い目
ショウナンアンカー、エフティチャーミー、トーセンレディ、カラフルブラッサム、メイショウオオゼキ

■三連複ボックス-10,000円投資 10点
合計100,000円

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。