中山競馬場爆破予告犯 逮捕-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

中山競馬場爆破予告犯 逮捕

競馬場の爆破予告犯が逮捕されました―。今日はレースの詳細情報でもサイトのおすすめ情報でもなく、社会派の話題です。容疑者は昨年のスプリンターズステークス(GI)の3日前に、「中山を爆破して死人をたくさん出してやります」と2ちゃんねるに書き込みをしていたようです。

相次ぐテロ予告、遂に競馬にも

すでに世界的に見れば、テロ行為そのものが日常化・一般化され、個人や国としてどう対処するかどうかに議論の焦点が集中し始めています。

今回の競馬場爆破予告も、その1つと考えてよく、運営する地方自治体と警察などはより一層注意を払わなければならない状況になりました。日本ではテロと聞くと他人ごとと思われることがしばしばあると思いますが、管理人を始め競馬ファンのみなさんがすでにテロの標的になっているかもしれないのです。

そういった意味ではもしそのような状況に巻き込まれたとき、個人として、そしてその場にいる人たち集団としてどのように行動すべきかを考えてみました。

個人ができる対策は?

「テロとの戦い」という言葉が流布する自体、行政レベルでも個人レベルでもその対策について考えられています。ある種突発的な事件なだけに、対策のしようなどないのではないか、と思われるかもしれませんが少し考えてみましょう。

事前に知らされていたから対処できた、ということはテロ以外の日常生活の中でも起こりうることだと思います。最も悲惨な結果になるのは何も準備せずにその瞬間を迎えること。確かにテロという特性上、最終的にいきなりだったということがあるのは避けられませんが、ただでさえこれだけ流行しているので何の準備もしない、というのはある意味自滅といえるかもしれません。

競馬場に怪しい人がいたら警察に通報しよう

競馬場で怪しい人…たくさんいるのが常ですが笑、その中でも深く帽子を被った人ややたら周囲を気にするような挙動不審の方には注意した方が良いでしょう。もしかしたらテロ行為に加担している人、もしくはその当事者かもしれません。

爆破予告や犯行声明文などがあった場合は、なるべくその競馬場へのお出かけは控えるようにしましょう。確かに今回のように予告だけで終わるケースやいたずらが圧倒的に多いので、どうせ…という気持ちも湧かないではないのですが、万が一に備えた防衛策が非常に重要です。

いつ起こるかわからない脅威は確かに人々を不安に至らせますが、できることをまずやって対策を講じましょう。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。