宝塚記念で念願の対決? ゴールドシップ×オルフェーヴル-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

宝塚記念で念願の対決? ゴールドシップ×オルフェーヴル

有馬記念を制したゴールドシップの続報です。1月5日の馬場開きで今年も順調な滑り出しをきった同馬。そのローテーションが調教師・須貝師の方から発表されました。3月の阪神大賞典(GII)を皮切りに、その後天皇賞・春、宝塚記念という流れ。詳しく見ていきましょう。

宝塚記念の最新記事はこちら

宝塚記念の予想をしている競馬予想サイトはこちら

ゴールドシップ 大賞典→天皇賞→宝塚

ゴールドシップは割りとゆったりめの調整が特徴の馬なのかなと思うほどのんびりしている印象です。もちろんレース時は独特のしなやかさを見せますが、調教時や調整時もそんなに変化をみせないのがゴールドシップの特徴とも言えます。

そんなゴールドシップ、今後のローテーションについて須貝師が以下のようなコメントを残しています。

昨年のクラシック牡馬2冠&有馬記念馬のゴールドシップのローテについて2日、須貝師が現時点でのプランを明かした。「とりあえずは阪神大賞典(3月17日・阪神)から春の天皇賞(4月28日・京都)、それから宝塚記念(6月23日・阪神)だね。これを目安にして仕上げていきたいと思う」。予定通りなら、3戦目の宝塚記念でオルフェーヴルと初めて対戦する可能性は十分。父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの“黄金配合”同士による、ファン待望のドリームマッチが実現する。 http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=71413

●ゴールドシップの今後の予定
阪神大賞典(3月)

天皇賞・春(4月)

宝塚記念(6月)

日程的にも無理のない範囲で組まれています。気になったのがオルフェーヴルとの初体験が期待される宝塚記念。意外ですがオルフェーヴルとゴールドシップの直接対決は未だになく、今度の宝塚記念でそれが実現するかというのが大きなターニングポイントになっている点は今年の大目玉といっても良いでしょう。

ゴールドシップとオルフェーヴルの戦績を並べてみた

ということでゴールドシップとオルフェーヴルのこれまでの戦績を比べてみました。

●ゴールドシップの通算戦績

●オルフェーヴルの通算戦績

両者ともに「1」という数字が多く並んでいますが、やはり安定感はゴールドシップの方があるように思います。オルフェーヴルは精神面での成熟度という視点からすると、まだまだ安心して見ることができない点、競馬ファンも思い切った投票ができずにいるのではないかと思ったりします。

ただポテンシャル的、特にスピード面ではオルフェーヴルの方が上だと管理人は見ています。安定した競馬ができるゴールドシップに比べて、馬力や勢いのオルフェーヴル。強いていえば前者が試合巧者なのにたいして、後者は勢いを重視した競馬が魅力的だと思います。

とにかく今の時点で対戦が楽しみなので、その時期になったら競馬熱がさらに上昇してくるでしょう。その時は管理人も馬券を購入して応援したいと考えています。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。