第61回毎日杯(G3) 注目馬を紹介-競馬予想サイトってどうよ?

競馬予想を展開しています。予想の軸はJRA見解、展開予想、追い切り考察の3つ!競馬予想サイトの無料情報を活かした小遣い稼ぎも含め、充実した内容でお送りします。サイト検証も行なっておりますので、どうぞお立ち寄りください。

第61回毎日杯(G3) 注目馬を紹介

3月29日(土) 第61回毎日杯(G3) [阪神競馬場・芝1800m]の開催です。

この毎日杯、過去10年のチャンピオンの中から4頭の馬が、後に行われる春のG1・Jpn1のビッグタイトルを獲得しており、先を占う大事なレースとして見ることができますね。
出場馬はディープインパクトの産駒や、新馬戦で華々しいデビューを飾った期待の新星などが集結しました。
今回は、このレースの注目馬について紹介していきたいと思います。

◆出場馬一覧

アズマシャトル
アドマイヤヤング
エイシンブルズアイ
カゼノコ
クリノジュロウジン
サングラス
シンガン
ステファノス
デビル
パドルウィール
ビークトラム
マイネルフロスト
ラングレー
リーゼントロック

◆人気TOP3はこの3頭

人気上位3頭は、ラングレーアズマシャトルステファノス

ラングレー

1番人気のラングレーはこれまでの成績は4戦の内1着2回とまずまずですが、なんといってもディープインパクトの血統であることが注目される大きなポイントでしょう。
阪神競馬場での出走は初、重賞レース初勝利を目指す注目馬です。

アズマシャトルは新馬戦のデビューから3戦目まで好順位を叩き出しましたが、前走の報知杯弥生賞(G2)では結果を残せておらず、今大会までの調整でどこまで勢いを取り戻せているかがカギでしょう。

ラングレーと同じく、ディープインパクトの産駒であるステファノス。
前走のつばき賞 京都 芝・1800mで堂々の1着獲得。
デビュー戦以降3つの勝ち星をあげているラングレー、前走の勢いのまま星を増やすことはできるのでしょうか。

今回のレース、阪神・芝を経験している馬は14頭中8頭。
その中でも結果を残しているのは6頭で、前走(3歳未勝利戦)にて、今回の舞台と同じ阪神競馬場 芝・1800mで1着ゴールを獲っているパドルウィールは、新馬戦でも阪神競馬場 芝・1600mにて2着と健闘。
まだまだデータは少ないですが、得意コースであると考えられるかもしれません。人気は低いようですが、自分が注目している1頭であります。

競馬場も予想をするための重要な要素のひとつです。
前走含め過去のレースで経験しているのか、結果を出せた競馬場であるのか等調べてみると、とても参考になるデータとして使うことができますね。

コメント





ベストレコード

最近、無料情報がよく当たっている投資競馬サイト。

競馬スピリッツ

強力な予想家陣!無料で多くの情報がGETできる。

大川慶次郎

大川メソッドの情報を提供。データ重視で堅実な予想をしている。